アレルギーを治す「少食」

January 9, 2019

 

花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピーなどのアレルギー疾患のほとんどは腸の汚れと、血液の汚れを解毒しきれない結果起こるものです。

 

 

現に、こういうアレルギー疾患に使うツボとして、腸のツボである「合谷」や肝臓のツボである「太衝」があります。

 

 

これらは症状緩和や改善に使うツボとして効果が高いです。

 

 

では、なぜ腸や血液が汚れるのか、それは「食べ過ぎ」にあります。

 

 

現代は、食品添加物・残留農薬・環境ホルモンなどの多く含まれた食品や、偏った内容の食事や運動不足などによって腸内環境を悪化させている方が多くなっています。

 

 

腸内環境が悪いと、下痢・便秘などの症状から、太りやすい、アレルギー持ちなどの状態にまで陥りやすくなります。血液は腸内から作られているため、腸内環境が悪いと血液まで汚れやすくなり、上記の症状を起こしてしまうのです。

 

 

出来るだけ無添加で、糖質・脂質・タンパク質をあまり摂らない食事がオススメですが、もっと簡単なのは食事を減らす「少食」です。

 

 

食べ過ぎて疲れた腸内を再建するために、量や回数を減らした少食で腸を労わってあげるだけでも、アレルギー疾患をはじめとした諸症状を改善することが出来ます

 

 

 

秋田県湯沢市 コセキ鍼灸院

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

タグから検索