五十肩はなぜ起こる?

■五十肩・四十肩とは

正式には「肩関節周囲炎」という名前がついています。肩の筋肉や関節に大きな原因が無いのに

☑上の物を取るのが痛い…

☑背中・腰に手が回らない…

☑寝返りの際に痛む…

☑手や腕にしびれが出る…

☑髪を洗うのが大変…

☑服の着脱が難しい​

という症状があるのが五十肩・四十肩です。(五十肩も四十肩も言い方が違うだけで同じです)

肩の関節に炎症が起きていることが痛みの原因と言われています。

【急性期(炎症を起こし、痛みの強い時期)】

足をひねった時のように、肩のあたりに炎症が起き、激しい痛みと動作の制限が出てきます。傾向としては片方の肩や腕に起こることが多いですが、時期をずらして両肩とも症状が出ることもあります。

この時期は痛みも強く、少し動かしただけでも激痛が走ることがあります。ネット等で「五十肩を治す体操」なども出回っていますが、この時期に無理して動かすことは逆効果です!!むしろ状態を悪化させ、治りを遅くするので動かして痛みを感じる間は無理に動かさないでください。

【拘縮期(痛みが慢性化し、肩や腕の動きが通常よりも悪くなる時期)】

炎症は落ち着き、急性期の様な激しい痛みは無くなりますが、関節や筋肉が硬くなり肩の動きが悪くなります。

個人差はありますが何年もこの時期が続くということもあります。この状態を放っておくと動きが悪いままの状態で体が固まってしまう原因にもなるので、痛くない範囲で運動をしていくことも必要です。

【回復期(痛みが改善し、少しずつ動きも良くなっていく時期)】

痛みがほとんどなくなり、肩の動く範囲も徐々に良くなっていきます。この時期には予防体操や血流を妨げないようにすることで治りが早くなっていきます。逆に血流を悪くする、炎症を起こすような激しい運動・食事などを繰り返すと急性期に逆戻りしてしまうので注意も必要です。

■こんな方は注意!!

私は五十肩だ。と思う方にも注意して頂きたいことがあります。

☑夜中に痛みが強くなり眠れない

☑急に腕がしびれて力が入らない

☑肩や腕を動かさなくてもズキズキ痛む

☑頭痛や吐き気を伴う

☑視界が悪くなる

これらの症状が五十肩に加えてある場合は、筋肉や腱板の断裂、神経障害・脳出血・悪性腫瘍など”重篤な疾患”が隠れている可能性があります。これらの症状を伴う場合はまずは医療機関でCT・MRIなどの画像診断を受けて頂く方が安全です。

■原因不明!?五十肩を起こす3つの原因

当院では五十肩を起こす原因は主に以下の3つを考えています。

①ケガ

正確には五十肩と呼ばないものですが、症状が似ているため自己判断で五十肩だと思っているというパターンがあります。代表的なものに以下のものがあります。

●腱板損傷…肩の関節や肩甲骨周りの筋肉が切れる(腱板断裂)または肉離れのようになっている状態です。

●「石灰」がたまる…リン酸カルシウムという骨成分の一部が肩の関節部分に溜まることによって激痛を引き起こします。石灰沈着性腱板炎という名前ですが、石灰(炭酸カルシウム)では無いそうです。紛らわしい。

②姿勢のゆがみ

上記の拘縮期・回復期によく似た状態です。

激しい痛みは無かったのに気付いたら肩が上がらない・だんだんと痛みが出てきて動かせなくなってきた。という方は姿勢のゆがみによるものかもしれません。

・肩こり、首こりもある

・猫背傾向

こういう状態の方は肩甲骨周りの筋肉が硬くなっており、炎症などは起こしていないにも関わらず五十肩のように動きが悪くなっています。姿勢のバランスを崩していると五十肩だけでなく全身のさまざまな不調を引き寄せてしまうので注意が必要です。

正常であれば、”気をつけ”の状態で腕を体に付けたところから肩を上げていき耳まで腕・肩がつくくらいまで上がりますが、猫背で肩を上げようとしても肩は上がりません。猫背も急になることはあまりないので気付かないうちに段々と姿勢が悪くなり五十肩の症状を起こしている可能性があります。

③筋肉・筋膜や関節の炎症

五十肩らしいと言うか、しっかり急性期・炎症期を経て症状を訴える方も多くいます。

・急に、腕が痛くて動かせなくなった

・肩の周りが熱い感じ(熱感)があったり、腫れたりする

​​

こういう急性症状を起こすのが五十肩の急性期の特徴です。「炎症」は血流がその部位に集まり、治そうとしている姿です。(痛いのはツライですが…)出来れば湿布や服薬で炎症を止めずに安静にしていた方が早く治ります。自然治癒力と呼ばれる人体の働きによって、「痛み」や「炎症」というのは起こっているのです。その場しのぎのアイシングや痛み止めは、痛みを長引かせる・関節の動きを悪くする原因になっています。

「炎症」というものは血液がとある部位に集中し、必死に治そうとしている過程なのです。捻挫をした時に腫れや痛みが出るのもそのためです。これは脳からの「安静にしなさい」のサインと考えてもらって結構です。その状態で動き続ければ、全身にゆがみや不調をつくる原因になってしまいます。

五十肩の場合、足の捻挫のように「外的な原因」で炎症を起こしていない場合が多いように感じます。ほとんどの方は「内的な原因」で炎症を起こしています。

■炎症は自分で作り出していた!?

糖質の過剰摂取…炭水化物や甘い物・お酒などに多く含まれる糖質は炎症を起こす原因の1つです。糖質は代謝の過程でAGEs(終末糖化産物)と呼ばれる物質に変化します。これが老化や慢性炎症の原因になります。

また、糖質は体で代謝・分解される時にビタミンやミネラルを使うことが分かっていますが、このビタミン・ミネラルは抗炎症(炎症を治す)のためにも必要な物質です。糖質が体内に入り、自然に代謝出来るうちは問題ありませんが、体内にいつまでも糖質が過剰にあると糖質代謝のためにばかりビタミン・ミネラルを使ってしまいます。その結果、知らず知らずのうちに炎症を起こし五十肩を起こす原因になります。ガンや内臓疾患も慢性的に炎症を起こし続けたことでなる病気です。

食品添加物の過剰摂取…コンビニ・スーパーなどでよく見かける食品には添加物が多く含まれています。というか添加物を食べているようなものです。詳しくは別記事に書きますが、添加物は体にとって「異物」でしかありません。体は異物を発見したらそれを体外に出そうとします。それが「炎症」としてあらわれます。身近な花粉症や虫刺されのような反応が体内で起きます。食事で添加物を多く含んだものばかり摂ると体内で炎症が絶え間なく起こり徐々に五十肩のような症状も引き起こします。

薬などの化学物質の摂取…これも添加物のパターンと同様に「異物」を「炎症」で追い出そうとする反応がおきます。また、薬など化学物質の多くは、ホルモンや神経伝達へ直接作用させるため副作用として自然治癒力を邪魔し体を壊し続けていくため注意が必要です。

​内的な原因は自分でしか治せません。長引く五十肩(に限らず)に悩んでる方は以上の点にも気をつけてみてください。

■​東洋医学的な考え

五十肩は東洋医学では、「肩不挙」といいます。そのまんまですね。

人体は「気・血・津液(水)」で構成されています。この気血水は、健康であればバランスを取りながら滞りなく人体を流れています。五十肩はこの流れが悪くなり、肩に気・血・水がうまく流れていない状態を指します。

よくあるパターンとして

気滞…「気」が滞り五十肩を引き起こしているパターンです。これは肩こりのような筋肉の張りや、一時的な肩の動作痛・動かしにくさが出てきやすい状態です。このタイプは痛みが比較的軽度で”動かせば痛い””肩を上げるとズキッとする”ような痛みが多いです。

水滞…「津液(水)」が滞るパターンです。このタイプは痛みはもちろん”体のだる重い感じ””肩の冷えを感じる”などの特徴もあります。

お血…「血」が滞るパターンです。また、お血という、血そのものがドロドロしたり流れを悪くさせやすい状態にあります。このタイプは少し注意が必要で、”安静にしていても激痛が起こる””夜になると痛みが悪化する”などの特徴もあります。五十肩以外にも内臓疾患や腫瘍がある可能性もあるので医療機関を受診して頂いた方がいい場合もあります。お血を作ってしまう原因は、上記の糖質や他の物質の過剰摂取です。

(秋田県湯沢市 コセキ鍼灸院)

#肩こり #五十肩 #肩 #腕 #腕のしびれ #炎症 #肩関節 #肩の痛み #湯沢 #雄勝 #横手 #秋田 #県南 #整体 #鍼灸

最新記事
タグから検索
まだタグはありません。
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square