うつ病のみなさん

November 27, 2017

【効能・効果】
うつ病・うつ状態
効能・効果に関連する使用上の注意
抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、
自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤
の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮する
こと。(「警告」及び「その他の注意」の項参照)

 

【使用上の注意】
1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
(1) 躁うつ病患者[躁転、自殺企図があらわれることがある。]
(2) 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮の
ある患者[自殺念慮、自殺企図があらわれることがある。]
(3) 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者[精
神症状を増悪させることがある。]
(4) 衝動性が高い併存障害を有する患者[精神症状を増悪
させることがある。]
(5) てんかんの既往歴のある患者[てんかん発作があらわ
れることがある。]
(6) 緑内障のある患者[散瞳があらわれることがある。]
(7) 抗精神病剤を投与中の患者[悪性症候群があらわれる
おそれがある。](「相互作用」の項参照)
(8) 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
(9) 出血の危険性を高める薬剤を併用している患者、出血
傾向又は出血性素因のある患者[皮膚及び粘膜出血(胃
腸出血等)が報告されている。](「相互作用」の項参照)

 

 

 

 

これは「うつ」と診断された方がよく処方される薬の説明文を一部抜粋したものです

 

簡単に言えば「うつの薬を飲むとうつ病になります。」と書かれています

 

 

それでも飲みたきゃ飲めば良い。

 

 

 

(秋田県湯沢市 コセキ鍼灸院)

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

タグから検索